宇宙環境利用科学研究拠点

人工衛星、ペースシャトル、際宇宙ステーション、惑星探査機などの利用により宇宙環境(微小重力、宇宙線曝露、高真空など)を利用し、地上では行いえない実験が可能となった。本研究拠点では、物質科学と生命科学の分野において先端的な宇宙環境利用科学をデザインし、実施にむけた準備研究を行うことを目的とする。

具体的には...

earth

step1 地球上での生命の誕生に宇宙塵によって運ばれた有機物が寄与したとする仮説の検証のため、国政宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」曝露部上での宇宙塵の捕集および有機物の曝露実験をデザインし、実施の準備を行う。

step2 2020年代の実施に向けて準備が始まっている日本独自の火星探査計画MELOSの中で、生命探査実験を行うべく、微生物および有機物の分析法を開発する。

step3 表面張力流の不安定性として、液柱マランゴニ対流の   振動流遷移の条件および付随する対流場の特性を明らかにする。ISS「きぼう」実験棟を用いた宇宙実験を実施し、浮力や液柱の重力変形のない環境でのデータを取得する。

step4 微小重力環境を利用する組織・結晶制御材料の合成と性能評価として、Si-Ge熱電材料、ハーフホイスラー熱電材料、カルコパイライト型太陽電池、超磁歪材、AgGaSe2の宇宙結晶成長、ファセット結晶の研究を行う。また、宇宙での閉鎖空間である宇宙ステーション内、宇宙服での人間活動のためのCO2-H2O同時吸着材の開発を行う。